ICTの技術で進化する現場へ。

BIM(Building Information Modeling)からCIM(Construction Information Modeling)まで、広範囲に作業をカバーするマルチレンジスキャナーをこのほど導入。土木工事においては、土の採掘量や埋め立て量を正確に計測することができ、車両の手配などの効率化を図り、経費削減を可能にしています。また3次元点群データを活用した建築設計なども行っています。

3D Laser Scanner GLS-2000

広範囲に作業をカバーするマルチレンジスキャナー

BIM(Building Information Modeling)からCIM(Construction Information Modeling)まで、広範囲に作業をカバーするマルチレンジスキャナーをこのほど導入。土木工事においては、土の採掘量や埋め立て量を正確に計測することができ、車両の手配などの効率化を図り、経費削減を可能にしています。また3次元点群データを活用した建築設計なども行っています。

3D Laser Scanner GLS-2000

ハイブリッド機構搭載油圧ショベル ZH200

人と環境に優しいハイブリッドショベル

日立建機のハイブリッド油圧ショベルZH200-5Bは、燃料消費を抑えることで、省エネとCO2の排出量の低減を実現した、人にも環境にも優しいショベルです。もちろん高性能で、標準機(ZX200-5B)と同等の性能を備えています。ホクシン建設株式会社ではこの新世代ハイブリッドショベルをいち早く導入、環境に配慮した工事を行っています。

ハイブリッド機構搭載油圧ショベル ZH200

top